副業に関する情報サイト

>

どうする?副業の税金と確定申告

正社員って副業禁止なの?

本業で会社に雇われてても副業は可能なのかなと思っている方がかなり多いと思います。
昔からある会社などでは副業を一切禁止としている会社が多く、その理由として会社に対する忠誠心がなくなったり、本業に支障がでたり、副業している内容によっては競合している会社に情報がバレたり、副業を可能にすることで会社のイメージが悪くなるという理由でした。
会社に極秘で副業をした場合は、戒告や減給や解雇になる場合があるため、あまりおすすめしません。
副業をした時の住民税の徴収方法を特別徴収にすると副業で金額が上がったという通知が会社にいってしまうため会社にバレてしまう可能性が高くなります。
会社によっては、副業可能な会社もありますので会社に確認が必要です。

確定申告と税金のお話

本業でサラリーマンをしていて、副業でアルバイトやパートで仕事をしている場合、アルバイトやパートの副業の所得が年間で20万円以下だと確定申告しなくても大丈夫なルールがあります。
勘違いしている方が多いですが、「年間収入」ではなく「年間所得」であり、「年間所得とは売り上げから経費を引いた金額」の事です。
アルバイトとパートの副業とその他の副業を両方している場合、副業収入をすべて合わせて経費を引いた金額が年間20万円以下の所得であれば確定申告をしなくても大丈夫です。
副業をした際の税金は金額によって変わりますので自分自身が副業をすることにより、どのくらい税金を払わなければならないのか把握しておくと良いかもしれません。


この記事をシェアする

TOPへ戻る